COLUMN

デザイナーズソファの魅力・選び方とおすすめ10選

2022.09.22

デザイナーズソファは、インテリアアイテムの主役にもなり、部屋のコーディネートに欠かせません。しかしソファの購入を検討していても、どのようなポイントを押さえて選んだらよいのかわからない方もいるでしょう。

 

そこで今回は、デザイナーズソファの魅力や選び方について解説し、おすすめのデザイナーズソファを紹介します。

 

デザイナーズソファ選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

 

デザイナーズソファの魅力

イタリアのデザイナーズソファと聞くと、個性的でモダンなシルエットを想像する人も多いでしょう。しかし実際、ソファを制作する上でデザイナーが大切にしているものは「使いやすさ」と「品質」が大きな部分を占めています。

 

またデザインでは、コンセプトやストーリーをソファの形状や色彩へと反映させており、個性を表現するのではなく、背景にあるものを突き詰めることが美学と捉えています。

 

装飾的でありながら、モダンでシンプルなデザインを提案しているデザイナーズソファ。いつの時代に見ても、新鮮で洗練されている印象を受けることが魅力といえます。

 

デザイナーズソファの選び方

実際、デザイナーズソファの購入をするとなると、どのようなポイントを見て選べばいいのか悩むでしょう。
そこで、デザイナーズソファの選び方について、押さえておきたい3つのポイントを紹介します。

 

サイズとタイプ

 

ソファを選ぶ前に、ソファを置くスペースのサイズを確認しましょう。

 

デザイナーズソファに限った話ではありませんが、ボリュームのあるソファを置くスペースが充分にあるかどうか事前に確認する必要があります。ソファを置くスペースを確認したら動線や扉や棚の開閉など、他の家具とのバランスを見ることも重要です。

 

また、ソファにはさまざまなタイプのものがあります。来客が多い場合や、フォーマルなインテリアコーディネートをしたい場合は、2〜3人掛けの大き目のソファが良いでしょう。

 

なお、ひとりで読書をしたり映画鑑賞をしたりするなど、ゆったりと寛ぐスペースを作りたいなら、オットマン付きのひとり掛けソファがおすすめです。

 

部屋との相性

 

ソファを選ぶ際、部屋との相性がよいものを選びましょう。

 

例えば、高級感のある雰囲気ならモダンテイストなソファを選ぶなど、部屋のイメージに合うソファを選んでください。また、アクセントになるような素材や、デザイン性の高いソファを選ぶのも魅力的です。

 

関連記事>>高級感のあるコーナーソファの選び方・ランキングとおすすめ5選

座り心地

 

ソファの座り心地は柔らかすぎたり硬すぎたり、人によって感じ方はさまざまです。またソファを、どのようなシーンで利用するのかによって適している硬さも異なります。

 

たとえば、読書やテレビを観るなど、長時間ソファで過ごすならふわふわした柔らかめが適しています。一方、勉強やリモートワークなど椅子感覚で使用するなら、ある程度の硬さのあるソファがよいでしょう。

 

関連記事>>座り心地がよいソファの選び方とは?おすすめのソファも紹介

おすすめのデザイナーズソファ10選

ここからは、おすすめのデザイナーズソファを10種類紹介します。

 

デザイナーズソファ①ARUGO

はじめに紹介するデザイナーズソファは、ARUGO(アルゴ)です。

 

アルゴは、ユニークな発想や独自な感性を持ち合わせているPaola Navone(パラオ・ナヴォーネ)がデザインしています。

 

柔らかなフォルムと包み込むような美しい曲線のアルゴ。背もたれにはリボンが施され、キュートな演出も魅力的です。

 

全体の柔らかさを強調しているアルゴは、飛び込みたいという欲求に駆られる特別な魅力を兼ね備えているソファです。

>>デザイナーズソファARUGOはこちら

 

デザイナーズソファ②DEEP

2つ目に紹介するデザイナーズソファは、DEEP(ディープ)です。

 

ディープは、感情的な強さと繊細さの絶妙なバランスが特徴的な、世界的デザイナーのNika Zupanc(ニカ・ズパンク)がデザインしました。

 

美しいアドリア海からインスピレーションを受けたディープ。地中海の夏の温かさや、波の満ち引きを連想される曲線など、心地よさを与えてくれるソファです。

>>デザイナーズソファDEEPはこちら

 

デザイナーズソファ③PABLO

3つ目に紹介するデザイナーズソファは、PABLO(パブロ)です。

 

パブロは、イタリアのミラノに拠点を置き活動しているClaudio Bellini(クラウディオ・ベリーニ)がデザインしました。

 

クラウディオ・ベリーニは著名なデザイナーである、Mario Bellini(マリオ・ベリーニ)の影響を受け1996年に工房を持ち、創作をスタートしたデザイナーです。

 

パプロは用途やスタイルに合わせて、背もたれの高さを2種類から選べます。また、快適性や機能性を最大限に追求し、なおかつ洗練されたビジュアルを犠牲にしない調和した現代的なモデルのソファです。

>>デザイナーズソファPABLOはこちら

 

デザイナーズソファ④POSITANO

4つ目に紹介するデザイナーズソファは、POSITANO(ポジターノ)です。

 

ポジターノは、イタリアの伝統を守りつつ、独創的で印象深いデザインを創り出しているデザイナーのMaurizio Manzoni(マウリーゾ・マンゾーニ)がデザインしたソファです。

 

斬新でシンプルなアウトラインは、南イタリアにある海岸線をイメージしたデザインで、程よい弾力がある座面は寛ぐのには最適なソファです。

 

また、ポジターノの特徴はバックレストのステッチや、オーク無垢材に真鍮を装飾した脚部など、部屋を優美な空間へと演出します。

>>デザイナーズソファPOSITANOはこちら

 

デザイナーズソファ⑤CAMPUS

5つ目に紹介するデザイナーズソファは、CAMPUS(キャンパス)です。

 

キャンパスは、さまざまな技法を取り入れる折衷主義デザイナーのMauro Lipparini(マウロ・リッパリーニ)のスタジオでデザインしました。

 

複雑でありながら、洗練されたモダンでタイムレスな魅力があるキャンパス。高密度ウレタンとの多層構造のシートは、快適な座り心地です。

 

アウトサイドはスエードによるバスケット織。そしてシャンパンカラーのメタル脚とゴールドのジッパーなど、さまざまな個性を絶妙なバランスで調和しています。

 

なお、キャンパスはモジュール方式のため、レイアウトはお好みに合わせて変更が可能です。

>>デザイナーズソファCAMPUSはこちら

 

デザイナーズソファ⑥MELPOT

6つ目に紹介するデザイナーズソファは、MELPOT(メルポット)です。

 

メルポットは、イタリアで研究や作品創りをしている、Mauro Lipparini(マウロ・リッパリーニ)のスタジオでデザインしたソファです。

 

メルポットのモデルの由来は「MELTING POT」、日本語で「るつぼ」の意味を表します。バランスよくデザインされているメルポットは、約50種類のユニットを揃えており、自由度の高いモジュールソファといえます。

 

またマテリアルは、レザーやファブリックから、お好みの素材や色などのコーディネートも楽しめるソファです。

>>デザイナーズソファMELPOTはこちら

 

デザイナーズソファ⑦SKYLINE

 

7つ目に紹介するデザイナーズソファは、SKYLINE(スカイライン)です。

 

スカイラインは、世界中で1,900以上のアイテム商品とインテリアデザインに携わっているMarcel Wanders(マルセル・ワンダース)がデザインしました。

 

スカイラインは、都会のビルのシルエットをイメージしてデザインをしたソファ。脚の部分とデザインが異なる背もたれを組み合わせることにより、ボリュームやシルエットのバランスを楽しめます。

 

また、電動リクライニングタイプも対応しているため、高性能な機能と洗練されたデザインが見事に調和されたソファといえます。

>>デザイナーズソファSKYLINEはこちら

 

デザイナーズソファ⑧KENDO

8つ目に紹介するデザイナーズソファは、KENDO(ケンドウ)です。

 

ケンドウは、イタリアの伝統を守りつつモダンリビングや革新を追求している、Maurizio Manzoni(マウリーゾ・マンゾーニ)とRoberto Tapinassi(ロベルト・タピナッシ)がデザインしました。

 

ケンドウは、日本の剣道からインスピレーションを受けデザインされたソファです。脚部は木とメタルを組み合わせ、温かみと強さを表現。またモジュール式なので、用途に応じて豊富なバリエーションの変更ができます。

 

また体にフィットする背クッションの使用やシート部独特の多層構造により、快適で寛げるソファといえるでしょう。

>>デザイナーズソファKENDOはこちら

 

デザイナーズソファ⑨LA SCALA

9つ目に紹介するデザイナーズソファは、LA SCALA(ラ・スカラ)です。

 

ラ・スカラは、イタリアのミラノで作品を手掛けているデザイナーのClaudio Bellini(クラウディオ・ベリーニ)がデザインしたソファです。

 

ミラノにある「スカラ座」への賛辞を込めて名付けられたラ・スカラは、イタリア職人による「カピトーネ」という伝統的な技法を、ひと針ずつ手仕事で仕上げた名作。

 

また、優雅なアウトラインとメタル脚の近代的なデザインが見事に融合し、伝統的なチェスターフィールドソファを再解釈したモデルのソファです。

>>デザイナーズソファLA SCALAはこちら

 

デザイナーズソファ⑩SELVA

最後に紹介するデザイナーズソファは、SELVA(セルヴァ)です。

 

セルヴァは、インテリア装飾と照明の分野で実績のある、スペインのエンリケ・マルティがデザインしたソファです。

 

イタリア南部のプーリアの大地に広がる、オリーブの木々にインスピレーションを受けてデザインしました。モジュール式のため、空間や用途に合わせてレイアウトが可能です。

 

なおカラーやマテリアルは、レザーとファブリックからお好みのものを選べ、黒塗りのベースにメタルの脚がデザインを引き立てます。

>>デザイナーズソファSELVAはこちら

 

デザイナーズソファで上質な空間づくりを

今回は、デザイナーズソファの魅力と選び方のポイントや、おすすめのソファを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

デザイナーズソファは洗練された秀逸なデザインや、一つひとつ一流の職人による高い技術力をもって丁寧に作られています。お気に入りのデザイナーズソファを選び、ぜひ上質な空間を手に入れてください。

 

ナツッジイタリアギャラリー横浜は、日本最大の正規専門ギャラリーとして、ソファを中心に200坪に約24シーンでエレガントな空間を創造しております。
イタリア本社デザイナーがコーディネートを手がけており、本場イタリアの空間に仕上げています。

 

イタリア製ソファ・家具にご興味がある方は、ぜひナツッジイタリアギャラリー横浜にお越しください。

記事の監修者

ショップマネージャー

壬生 正和

ショップマネージャー

壬生 正和

2018年2月にNATUZZI ITALIA GALLERY YOKOHAMA立ち上げを経て、ショップマネージャー就任。
年間100名以上のお客様にイタリア家具・インテリアのコーディネート、ご提案を行うコンシェルジュ。

RELATED ARTICLE

関連記事

column一覧へ戻る

ABOUT GALLERY

ナツッジイタリアギャラリー横浜について